×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9/9の試合結果(2007/09/11)

 9/9は一部六校が対戦しました。

 第一試合は初戦を落とし後がない福岡大学と、初戦を辛くも制した久留米大学との試合でした。
 まずキックオフリターンで福大陣からの攻撃権を得た久留米大学が、先制のTDを奪います。
 その後もオンサイドキックを成功させますが、福岡大学がインターセプトで攻撃権を奪い返します。
 反撃したい福岡大学ですが、なかなかファーストダウンが奪えません。逆に久留米大学がFGを加点します。
 福岡大学も第2Q中盤に連続してファーストダウンを奪い、FGをねらうが失敗します。
 後半最初の攻撃権を得た福岡大学は、前半終盤の勢いそのままに久留米大学陣深く攻め込みますが、得点にはいたりません。
 逆に久留米大学に深く攻め込まれますが、ここでもパスをインターセプト。
 するとQB山本からTE井上の85ヤードのTDパスが成功し、3点差に詰め寄ります。
 しかしその後のシリーズでは久留米大学が即座にTDを奪い返し、点差を広げます。
 ここで福岡大学はKR中野が敵陣奥深くまでキックをリターンすると、またもTDパスを成功させ食らいつきます。
 しかし久留米大学は第4Qに加点し、そのまま試合終了となりました。

 第二試合はともに初戦を落とした西南学院大学と宮崎大学との対戦でした。
 西南学院大学のファンブルから良いフィールドポジションを得た宮崎大学が先制します。
 西南学院大学も自陣深くからのオフェンスシリーズをTDに結びつけ、同点とします。
 ペースを握った西南学院大学がさらにTDを追加し、14-7で前半を折り返します。
 後半も西南学院大学が2つのTDを挙げ、突き放します。
 しかし宮崎大学も、QB崎田のロングゲインで得たチャンスを得点に結びつけ追い上げます。
 試合は試合終了間際に加点した西南学院大学が31-14で勝利しました。

 第三試合はともに初戦に勝利した九州大学と九州産業大学との対戦でした。
 試合は九州大学がFGで先制すると、PR米田のリターンTDや、ファンブルリカバーTDでリードを広げます。
 しかし九州産業大学もQB中島のロングゲインをきっかけにFGを奪い、前半を折り返します。
 後半は一進一退の攻防が続きますが、九州大学が自陣深くからのドライブをTDに結びつけ、突き放します。
 試合はそのまま九州大学が勝利し、全勝を守りました。

テレビ放送 観客席 夕焼け